しばしのスランプの時期を乗り越えて様々な治療のおかげでパッティングが復調しました。

「テークバックで開きすぎない」、「しっかりインパクトをする」…これだけのイメージでうまく治すことができました。

先日のラウンドでは2~3mの入れたいパットも、1m以内の若干曲がるラインのパットもほぼパーフェクトに入れることができました。

やはりたまに自分を冷静に数値で見てみるのは大事ですね。

ゴルフって一度良くなってそれがずっと当たり前のように続くわけではなく、突如としてうまくいかなくなることがあります。

そのたびに解決をしながらいけることもあれば、これまでの解決方法では解決できないことも多々あります。

だからゴルフって難しいし楽しいんですけど、漠然としたイメージで修正をするよりも、数値化されたデータを元に根拠を持って練習すると時間もかからずに修正できます。

そうそう今回のパターはエースの TRUECoG CUPRUM を復活しましたよ!

HILLCREST TRUECoG CUPRUM に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=hillcrest-truecog-cuprum

  • コメント: 0

関連記事

  1. 体が浮くとプッシュアウト

    2019.12.9

    体が浮くとプッシュアウト

    先日のラウンドで気が付いたことがありますのでちょっとお話しします。少し速めのグリーンだった…

    体が浮くとプッシュアウト
  2. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法
  3. パターカバーはどうしていますか?

    2019.12.26

    パターカバーはどうしていますか?

    パターに傷がついてがっかりすることって結構ありますよね。それがセルフプレーでは起きないのに…

    パターカバーはどうしていますか?
  4. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  5. ストロークが変わるきっかけ

    2020.03.19

    ストロークが変わるきっかけ

    今までよかったのに急に今までのことができなくなることってたまにあります。身近に自分の良い…

    ストロークが変わるきっかけ
  6. パターをすわらせてみる

    2020.06.17

    パターをすわらせてみる

    パターをすわらせるといってもどんなことかよくわからないかもしれませんね。パターはすわりがいいとかす…

    パターをすわらせてみる
  7. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  8. いざという時に信じられるストローク

    2020.03.17

    いざという時に信じられるストローク

    普段と違うグリーンの状態でやった時に、先日のラウンドのようにすっかり入らなくなっていてはスコアに…

    いざという時に信じられるストローク
  9. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP