先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。

使っているパターは大型マレットでヘッド重量もそこそこありそうなモデルでした。

でもなかなかカップまで届かない感じでした。原因を注意深く見ていると違和感は2ヵ所あるように思えました。

まずはストロークの軌道がダウンブローになっていました。ダウンブローなのにフォローは結構上に上げていく軌道になっています。

この軌道だとボールを押す時間が少なくなってしまうので、ボールに効率よく力が伝わらない感じになってしまします。またダウンブローに当たるのでボールの回転はバックスピンになってしまい転がりが悪くなってしまいます。

もう一つ決定的に悪かったのは打点です。ブレード幅の中心付近に当たってはいるのですが、かなりフェースの上の方に当たってしまっていました。

ダウンブローだからというのもありますが、明らかに上過ぎる打点でした。ここは本当に転がりません。

いずれも目視での推測ですが、多分間違いないと思います。ストローク分析をお勧めして近日中に来ていただくことになりました。きっと驚くほどの良い転がりになってけっていただけると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  2. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  3. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  4. 数値を見る際の注意

    2019.07.23

    数値を見る際の注意

    パッティングストロークの分析をすると様々な数値が出てきます。今までわからなかった自分の動き…

    数値を見る際の注意
  5. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  6. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  7. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  8. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  9. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP