パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置についてです。

顎の位置は結構大事なんです。ANSERFREAK ではショットの時の顎の位置についてお話ししましたが(記事はこちら)、パッティングでも同じことが言えます。

「正面を向く」と「少し下を向く」に近い感じなのですが、少し頭を起こして顎を前に出す体制と、顎を引いて下を向いた時で体の動きやすさが変わります。

一般的には顎を上げれば肩甲骨は閉じる方向に動きやすくなります。逆に顎を引くと肩甲骨は開く方向に動きやすくなります。

顎を引かずにおしりだけ出てオットセイのように構えてしまっている人をよく見かけますが、この体制で動きやすそうにしている人はなかなかいません。

たまに鏡に自分の姿を映してみて変な構えになっていないか見てみてください。少し顎を引くとすっきり構えらえるようになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  2. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  3. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  4. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  5. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人
  6. しっかり届かせようと思っているのに届かない

    2019.10.25

    しっかり届かせようと思っているのに届かない

    しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。…

    しっかり届かせようと思っているのに届かない
  7. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  8. パターのお色直しで気分転換

    2019.04.22

    パターのお色直しで気分転換

    Putting Labo ではパターの色入れカスタマイズを行っています。今回は最近出番がな…

    パターのお色直しで気分転換
  9. Stability Shaft の意外な効果

    2019.06.21

    Stability Shaft の意外な効果

    先日のラウンドで Stability Shaft を入れた HILLCREST TRUECoG S…

    Stability Shaft の意外な効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP