パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。

パッティングストローク分析で、最初にフリーヒットしてもらう時に注目してみる点の一つにもなっているのがこの右膝の動きです。

右膝が動けば右腰が動き、最終的には右肩まで出てきます。ショルダーストロークをするうえで、この肩の位置が前に出るというのはあってはならない動きです。

右膝が動くから右肩まで動く人もいれば、逆に右肩が動くから膝まで動くという人もいます。

要は右サイドは全て動かさないという意識がパッティングストロークをする上で重要になります。

右サイドを動かさないようにストロークすることで、ひっかけのミスが少なくなったり、ストロークの軌道が安定したりします。

少し右サイドを意識してストロークしてみてください。意外と苦しくて筋肉痛になったりするかもしれませんが…(笑)。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  2. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2
  3. 短いパットを右に外す人は..

    2020.07.3

    短いパットを右に外す人は..

    先日パッティングカウンセリングにいらした方にもお話ししたのですが、短いパットを右に外してしまう人の…

    短いパットを右に外す人は..
  4. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  5. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  6. 自分のパッティングストロークとは?

    2019.10.29

    自分のパッティングストロークとは?

    みなさんパッティングに関する知識は、本で見たり最近では YouTube でみて得ているという方が結…

    自分のパッティングストロークとは?
  7. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  8. TaylorMade TRUSS パターの調整

    2020.07.2

    TaylorMade TRUSS パターの調整

    先日パターのロフトライ調整にいらしていただいたお客様が翌日にも来ていただきました。今回の調…

    TaylorMade TRUSS パターの調整
  9. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP