ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。

アドレスでどうしてもまっすぐに構えられない方がいらして、グリップを見てみたらすごく開いて入っていて、これでは真っ直ぐに置いても右にむいてしまいます。グリップ交換して真っ直ぐに挿すことで真っ直ぐに構えられるようになりました。

これは購入した時からそうなっているものもありますし、自分で交換して捻じれて入ってしまってそうなってしまっている場合もあります。

丸いグリップは別ですが、簡単な確認の方法があります。

上の画像のような感じで上の平らな面に定規をあてて、上のような感じで見てみてください。これで明らかにフェースの向きと直行するはずの定規のラインが、斜めになってしまっていればグリップ交換をおすすめします。

本当はきちんとできているのに、グリップの入り方が悪くてそうなっているとしたらとっても不幸です。まずは真っ直ぐに入っているかのチェックをしてください。

ショップや工房で交換してもらった時も必ずその場で確認してください。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 曲がらない〇〇でラインを作る

    2019.10.31

    曲がらない〇〇でラインを作る

    人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。…

    曲がらない〇〇でラインを作る
  2. 下りのパットは思ったより曲がらない

    2019.07.29

    下りのパットは思ったより曲がらない

    ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますので書いておきます。ファ…

    下りのパットは思ったより曲がらない
  3. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  4. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  5. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  6. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?
  7. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置
  8. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  9. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP