ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらっています。

ほとんどの方が肩から先しか動いていなかったり、動いていても動き方が小さかったりしています。

ショルダーストロークは結構体が動くので、練習グッズで体感してもらうと「こんなに体が動くんですね」と感じる方がほとんどです。そして腹筋・背筋を使うので結構意識が変わると思います。

腹圧を上げて腹筋・背筋で体を動かすのがショルダーストロークです。決して腕を動かしてストロークするのではありません。

下半身をがっちり止めると少し似た感覚を得ることができますのでやってみてください。こういうイメージ作りには練習器具を使うのがいいのですが、使い方を間違えないようにしてください。

  • コメント: 1

関連記事

  1. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  2. 実験用グリップは「TOUR SNSR」

    2019.04.4

    実験用グリップは「TOUR SNSR」

    昨日の実験用シャフトに続いて実験に使うグリップはこれに決めました。Golf Pride T…

    実験用グリップは「TOUR SNSR」
  3. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  4. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない
  5. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  6. どうも構えづらいという人が多いです

    2019.07.8

    どうも構えづらいという人が多いです

    ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。…

    どうも構えづらいという人が多いです
  7. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  8. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  9. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP