ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらっています。

ほとんどの方が肩から先しか動いていなかったり、動いていても動き方が小さかったりしています。

ショルダーストロークは結構体が動くので、練習グッズで体感してもらうと「こんなに体が動くんですね」と感じる方がほとんどです。そして腹筋・背筋を使うので結構意識が変わると思います。

腹圧を上げて腹筋・背筋で体を動かすのがショルダーストロークです。決して腕を動かしてストロークするのではありません。

下半身をがっちり止めると少し似た感覚を得ることができますのでやってみてください。こういうイメージ作りには練習器具を使うのがいいのですが、使い方を間違えないようにしてください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  2. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  3. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  4. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  5. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  6. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  7. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  8. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  9. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP