最近遅いグリーンでゴルフをして、「どうも届かない」という状況に陥ってしまいました。

どんなに意識してもどうしても届かない状況でイメージは悪くなるばかり…。このまま使い続けるとこの届かないイメージがエースパターに残ってしまいます。

これまでもやってきたことですが、エースパターに悪い印象がしみついてしまう前に違うパターを使うことにしました。

エースパターでどうにもならない期間が長くなれば長くなるほど、そのパターを使わなくなる時がもう戻らないことにつながってしまいます。

ですのでそこまでいかないうちに一休みさせて、気分転換をはかるという方法をとるわけです。

ということで TRUECoG CUPRUM は一時お休み。次に復活するときはスペアのヘッドでシャフトを変えたりして復活させようと思っています。

このブログを見ていただいている方も、お気に入りのパターは結果が出ずに悪いイメージを積み重ねてしまう前に気分転換してみてください。

今回気分転換に使ってみるパターは懐かしいこれにしてみました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  2. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  3. Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    2020.03.18

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    先日投入してみた Spider X がなぜうまく使いこなせなかったのかを考えてみました。…

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?
  4. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  5. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  6. ショートパットを確実に入れるために その2

    2019.11.6

    ショートパットを確実に入れるために その2

    昨日はショートパットを打つ時に起こるミスの中でテークバックで起こりやすいことに関してお話ししました…

    ショートパットを確実に入れるために その2
  7. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係
  8. テークバックを小さくは禁物です

    2020.08.4

    テークバックを小さくは禁物です

    先日テークバックが小さい方がいらっしゃいました。小さいテークバックなのでボールに力が伝わりづらく、…

    テークバックを小さくは禁物です
  9. ショットの傾向がパッティングに…

    2019.12.5

    ショットの傾向がパッティングに…

    ショットで出ているミスと同じ作用機序でパッティングが出ているというのはよくある話です。パッ…

    ショットの傾向がパッティングに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP