自宅でやる練習はなかなか短時間で効果的に行うのが難しいです。

自宅の練習を効果的に行うためにはどうしたらいいか?それをちょっと考えてみました。

なぜ練習が効率的にならないか?はやはり実際のコースでやるときの環境と同じにできないことが一番の原因です。

使えるのは真っすぐのパターマット、線はあるしフェースの向きはチェックできるし、いつも同じライン。これだと飽きてしまいますし、なにも真っ直ぐの情報がないコースとは明らかに環境が違い、上手くいく状況が整ってしまっています。

ではそんな環境でも効率よく練習するためにどうしたらいいか?これはせめて精神状態を本番に近づけることだと思います。

プレッシャーをかけながら練習することです。同じラインから打つにしても連続でいれる回数を決めてやるとか、毎回違う場所から打つとか…。自分に罰金を課しても面白いですね。

とにかく「これを入れなければ」という状況を作ってプレッシャーのかかっている状況でいつもの打ち方ができるようにする練習をしてみてください。

ただ打って入った、入らないだけでは反復練習にはなりますが、勝負強いパットの練習にはなかなかなりにくいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 速いグリーンで感じたこと

    2020.06.26

    速いグリーンで感じたこと

    先日プレーした宍戸ヒルズは雨降りにもかかわらず 10ft くらいのスピードが出ている感覚がありまし…

    速いグリーンで感じたこと
  2. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  3. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  4. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  5. 前足に体重が行き過ぎていませんか?

    2020.04.10

    前足に体重が行き過ぎていませんか?

    最近何人かの方に同じ症状が見えたのでお話ししておきます。どちらの方も右利きだったのですが…

    前足に体重が行き過ぎていませんか?
  6. フォローを必要以上に出さないために その1

    2020.01.22

    フォローを必要以上に出さないために その1

    先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人が…

    フォローを必要以上に出さないために その1
  7. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  8. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  9. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP