パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロークの結果であり意識してやることではないと考えています。

パターの形状と言っているのは、主には重心角の違いのことが多いです。

重心角が大きいパターほどパターはストローク中にインに動いてフェースが開く度合いが大きくなってきます。

開閉の動きは意識してやることではなく、ヘッドが動きたい方向に動かしていればそうなります。

フェースバランスのパターはインサイドに入ってこようとする動きが弱くなりますし、L字パターのように重心角が大きければインサイドに入ってきやすくなります。

またそれと同時にフェースバランスのパターは開閉の動きが弱くなり、重心角が大きいパターは開閉の動きが強くなります。

ですのでパターを自分の動きで制御している人はどんなタイプのパターを打っても起動やローテーションが変わることはありません。

またヘッドの動きを制御しないショルダーストロークはそのパターが動きたい方向に動かせると言うことになります。

ですので本来はパターの形状が変わったからと言って、ストロークのイメージを変えて違う打ち方をする必要はまったくありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?
  2. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  3. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  4. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  5. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  6. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  7. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  8. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  9. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP