パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロークの結果であり意識してやることではないと考えています。

パターの形状と言っているのは、主には重心角の違いのことが多いです。

重心角が大きいパターほどパターはストローク中にインに動いてフェースが開く度合いが大きくなってきます。

開閉の動きは意識してやることではなく、ヘッドが動きたい方向に動かしていればそうなります。

フェースバランスのパターはインサイドに入ってこようとする動きが弱くなりますし、L字パターのように重心角が大きければインサイドに入ってきやすくなります。

またそれと同時にフェースバランスのパターは開閉の動きが弱くなり、重心角が大きいパターは開閉の動きが強くなります。

ですのでパターを自分の動きで制御している人はどんなタイプのパターを打っても起動やローテーションが変わることはありません。

またヘッドの動きを制御しないショルダーストロークはそのパターが動きたい方向に動かせると言うことになります。

ですので本来はパターの形状が変わったからと言って、ストロークのイメージを変えて違う打ち方をする必要はまったくありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  2. 入れたいパットを入れるために必要なこと

    2019.05.20

    入れたいパットを入れるために必要なこと

    最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色…

    入れたいパットを入れるために必要なこと
  3. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  4. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  5. パターを変えるタイミング

    2019.11.22

    パターを変えるタイミング

    パターを変えるタイミングは人それぞれなのですが、私の場合は自分がイメージするストロークがしやすいと…

    パターを変えるタイミング
  6. 距離感が変わる原因

    2019.12.20

    距離感が変わる原因

    先日ストローク分析をした方で距離感がなかなか合わないという方がいらっしゃいました。何が悪く…

    距離感が変わる原因
  7. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  8. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  9. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP