パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロークの結果であり意識してやることではないと考えています。

パターの形状と言っているのは、主には重心角の違いのことが多いです。

重心角が大きいパターほどパターはストローク中にインに動いてフェースが開く度合いが大きくなってきます。

開閉の動きは意識してやることではなく、ヘッドが動きたい方向に動かしていればそうなります。

フェースバランスのパターはインサイドに入ってこようとする動きが弱くなりますし、L字パターのように重心角が大きければインサイドに入ってきやすくなります。

またそれと同時にフェースバランスのパターは開閉の動きが弱くなり、重心角が大きいパターは開閉の動きが強くなります。

ですのでパターを自分の動きで制御している人はどんなタイプのパターを打っても起動やローテーションが変わることはありません。

またヘッドの動きを制御しないショルダーストロークはそのパターが動きたい方向に動かせると言うことになります。

ですので本来はパターの形状が変わったからと言って、ストロークのイメージを変えて違う打ち方をする必要はまったくありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのライ角調整します!

    2019.08.8

    パターのライ角調整します!

    パターのライ角調整をした方が良い人は結構いらっしゃいます。ですが調整をしてもらいたくてもできないと…

    パターのライ角調整します!
  2. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  3. duckbill golf Putters

    2018.05.3

    duckbill golf Putters

    ここでは duckbill golf のオリジナルパターの作品集を紹介します。duckbill go…

    duckbill golf Putters
  4. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  5. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  6. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  7. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない
  8. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  9. どうやって実験するか考え中…

    2018.12.25

    どうやって実験するか考え中…

    先日 ANSERFREAK の方でアナウンスした実験について考えています。EPSON M-T…

    どうやって実験するか考え中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP