パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロークの結果であり意識してやることではないと考えています。

パターの形状と言っているのは、主には重心角の違いのことが多いです。

重心角が大きいパターほどパターはストローク中にインに動いてフェースが開く度合いが大きくなってきます。

開閉の動きは意識してやることではなく、ヘッドが動きたい方向に動かしていればそうなります。

フェースバランスのパターはインサイドに入ってこようとする動きが弱くなりますし、L字パターのように重心角が大きければインサイドに入ってきやすくなります。

またそれと同時にフェースバランスのパターは開閉の動きが弱くなり、重心角が大きいパターは開閉の動きが強くなります。

ですのでパターを自分の動きで制御している人はどんなタイプのパターを打っても起動やローテーションが変わることはありません。

またヘッドの動きを制御しないショルダーストロークはそのパターが動きたい方向に動かせると言うことになります。

ですので本来はパターの形状が変わったからと言って、ストロークのイメージを変えて違う打ち方をする必要はまったくありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  2. ストロークが変わるきっかけ

    2020.03.19

    ストロークが変わるきっかけ

    今までよかったのに急に今までのことができなくなることってたまにあります。身近に自分の良い…

    ストロークが変わるきっかけ
  3. 作られた動きは破綻する

    2020.08.28

    作られた動きは破綻する

    昨日までお話しした通り、理想の動きをすれば自然にそのパターに合った動きになるというのは何となく理解…

    作られた動きは破綻する
  4. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  5. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  6. フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    2019.09.26

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決ま…

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる
  7. 曲がらない〇〇でラインを作る

    2019.10.31

    曲がらない〇〇でラインを作る

    人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。…

    曲がらない〇〇でラインを作る
  8. 悪いイメージは忘れる

    2020.04.30

    悪いイメージは忘れる

    最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではあります…

    悪いイメージは忘れる
  9. CAPTO 検証4 ヘッド軌道

    2020.04.28

    CAPTO 検証4 ヘッド軌道

    今回の検証はパターヘッドの軌道がどんなデータとして表示されるかチェックしてみました。結構…

    CAPTO 検証4 ヘッド軌道

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP