パッティングをする際の足裏にかかる体重が結構偏っている方がいらっしゃいます。

前かがみになり過ぎて後ろから押されたらすぐにバランスを崩しそうだったり、逆に前から押されたらすぐにぐらつくほどかかとに体重がかかってしまう方もいらっしゃいます。

ではどこに体重がかかるのが良いか?というと、足裏全体で身体を支えているイメージが良いと思います。つま先でもなく、かかとでもなく、土踏まずで立っているイメージと言ったらわかりやすいでしょうか?

つま先にかかり過ぎているとテークバックがアウトに上がりやすく、かかとにかかり過ぎているとインに入る過ぎる場合が多いです。

また間違った体重のかかり方でスタンスして目の下にボールが来るように構えると、かなり違和感のある構えになってしまいますので、たまに自分の全身が写る鏡の前で、横からの形が不自然になっていないか確認してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  2. 3パットした時の対処方法について

    2020.04.27

    3パットした時の対処方法について

    これもストローク分析にいらしたお客さんによくお聞きすることの一つに関係した話題です。ミス…

    3パットした時の対処方法について
  3. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  4. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  5. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  6. 運べるイメージが出るパター

    2020.06.30

    運べるイメージが出るパター

    先日パッティングでは運ぶイメージで打つのが良いという話をしました。その運ぶイメージが出やす…

    運べるイメージが出るパター
  7. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする
  8. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  9. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP