ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまにいます。そんな人にスクエアにインパクトするイメージを作れる簡単な方法があります。

ですがこの練習方法は、インパクト時の軌道がストレートの人に限りますのでご注意ください。

というのはインサイドアウトでフェースが左向き、アウトサイドインでフェースが右向きでもボールはまっすぐに打ち出せます。ですのでフェースがまっすぐに向いて良い人はストローク軌道がインパクト時にストレートになる人に限るわけです。

パッティングは皆さん色々練習して自分の軌道に合ったフェースの向きになっているか、自分のフェースの向きに合った軌道になっている方がほとんどです(どちらも同じ意味ですがどちらが最初だったかの違いはあります)。

今回紹介する方法は、家のパターマットの縁や、絨毯の縁などを使う方法です。使う縁に対して直角の方向が打つ方向になります。この時に「いつもより左を向いているな」とか「いつもより右を向いているな」と思う方は普段のアドレスがスクエアになっていないということになります。

フェース面を当てるところが高さがあるものであれば、それを軽く打ってみるのも良いですね。スクエアに入らないと当たった瞬間にねじれを感じると思います。

そのアドレスの方向にボールが出てしまうミスに思い当たる節がある方は、フェースの向きのイメージを作り直してみてください。

次回はもう少し実戦に近い練習方法を紹介します。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  2. 自分のパッティングの弱点を知る

    2018.09.20

    自分のパッティングの弱点を知る

    みなさん自分がどんな状況の時にどんなミスをするか?把握できていますか?これを知っていると色々な対処方…

    自分のパッティングの弱点を知る
  3. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?
  4. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  5. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  6. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  7. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  8. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  9. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP