ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまにいます。そんな人にスクエアにインパクトするイメージを作れる簡単な方法があります。

ですがこの練習方法は、インパクト時の軌道がストレートの人に限りますのでご注意ください。

というのはインサイドアウトでフェースが左向き、アウトサイドインでフェースが右向きでもボールはまっすぐに打ち出せます。ですのでフェースがまっすぐに向いて良い人はストローク軌道がインパクト時にストレートになる人に限るわけです。

パッティングは皆さん色々練習して自分の軌道に合ったフェースの向きになっているか、自分のフェースの向きに合った軌道になっている方がほとんどです(どちらも同じ意味ですがどちらが最初だったかの違いはあります)。

今回紹介する方法は、家のパターマットの縁や、絨毯の縁などを使う方法です。使う縁に対して直角の方向が打つ方向になります。この時に「いつもより左を向いているな」とか「いつもより右を向いているな」と思う方は普段のアドレスがスクエアになっていないということになります。

フェース面を当てるところが高さがあるものであれば、それを軽く打ってみるのも良いですね。スクエアに入らないと当たった瞬間にねじれを感じると思います。

そのアドレスの方向にボールが出てしまうミスに思い当たる節がある方は、フェースの向きのイメージを作り直してみてください。

次回はもう少し実戦に近い練習方法を紹介します。

  • コメント: 1

関連記事

  1. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  2. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  3. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  4. 曲がらない〇〇でラインを作る

    2019.10.31

    曲がらない〇〇でラインを作る

    人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。…

    曲がらない〇〇でラインを作る
  5. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  6. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?
  7. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  8. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  9. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP