ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまにいます。そんな人にスクエアにインパクトするイメージを作れる簡単な方法があります。

ですがこの練習方法は、インパクト時の軌道がストレートの人に限りますのでご注意ください。

というのはインサイドアウトでフェースが左向き、アウトサイドインでフェースが右向きでもボールはまっすぐに打ち出せます。ですのでフェースがまっすぐに向いて良い人はストローク軌道がインパクト時にストレートになる人に限るわけです。

パッティングは皆さん色々練習して自分の軌道に合ったフェースの向きになっているか、自分のフェースの向きに合った軌道になっている方がほとんどです(どちらも同じ意味ですがどちらが最初だったかの違いはあります)。

今回紹介する方法は、家のパターマットの縁や、絨毯の縁などを使う方法です。使う縁に対して直角の方向が打つ方向になります。この時に「いつもより左を向いているな」とか「いつもより右を向いているな」と思う方は普段のアドレスがスクエアになっていないということになります。

フェース面を当てるところが高さがあるものであれば、それを軽く打ってみるのも良いですね。スクエアに入らないと当たった瞬間にねじれを感じると思います。

そのアドレスの方向にボールが出てしまうミスに思い当たる節がある方は、フェースの向きのイメージを作り直してみてください。

次回はもう少し実戦に近い練習方法を紹介します。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 実験用に懐かしいパターを

    2020.09.23

    実験用に懐かしいパターを

    ラウンドの帰りに家からそう遠くないところにできた二木ゴルフの中古ショップに行って珍しいものを発見。…

    実験用に懐かしいパターを
  2. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  3. 長尺パター復活1 グリップ装着

    2020.07.9

    長尺パター復活1 グリップ装着

    長尺パターネタが続きますが、おつきあいください。長尺パターのグリップを入れるのはちょっと神…

    長尺パター復活1 グリップ装着
  4. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値
  5. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  6. 自分のパッティングの弱点を知る

    2018.09.20

    自分のパッティングの弱点を知る

    みなさん自分がどんな状況の時にどんなミスをするか?把握できていますか?これを知っていると色々な対処方…

    自分のパッティングの弱点を知る
  7. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  8. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  9. 直さなくてもいい事もある

    2020.03.3

    直さなくてもいい事もある

    ストローク分析をしていて、ここは修正した方が良いと思う点と、ここはそのままでいいと思う点がありま…

    直さなくてもいい事もある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP